会社情報

ホーム > 会社情報 > 事業内容

事業内容

電子顕微鏡関連事業 Electron Microscope

高度な電子顕微鏡の心臓部といわれる
重要なパーツを研究・開発・販売

高度な電子顕微鏡の心臓部といわれる重要なパーツを研究・開発・販売:透過型電子顕微鏡、二次電子検出器シンチレータ、二次電子検出器、反射電子検出器、フィラメント(電子銃、カートリッジフィラメント、フィラメント(K-TYPE))、ウェーネルト、陽極、集束レンズ、アパーチャープレート(ビームを絞る対物レンズ)、照射電流検出器、ミニ対物レンズ、X線

光の代わりに電子を屈折させ、生態組織や金属材料、半導体などの広い分野で表面観察や分析のために使われている電子顕微鏡。わたしたちはその中でも特に重要な電子銃やアパーチャーなど、電子顕微鏡のいわば心臓部といえるパーツの研究・開発・製造・販売をトータルに行っております。

注文を受けてからそれぞれの作業へと進みますが、電子銃のパーツの場合は、まずフィラメントを水素雰囲気中1,800℃で熱処理し、歪み取りを行ってから割れ検査をします。ステムを加工し、スポット溶接でフィラメントを形成。再び熱処理を行い投影機で形状や高さを全数検査します。

最後に中芯出しと割れ検査を全数検査した後、専用ケースに入れて包装。出庫となります。カメラの絞りに該当するアパーチャー・絞りの場合は、放電加工、エッチング、洗浄、検査と続きます。酸化防止のためのアパーチャー・絞りと脱酸素剤を一緒に真空パックし、箱詰めにして出庫となります。

このようなかたちでクオリティーの高い価値のある製品を送り出しています。

電子銃主要パーツ製造工程

電子銃主要パーツ製造工程:フィラメント熱処理、フィラメント検査、ステム加工、検査、熱処理、継線、芯出し(割れ検査)、包装、出庫

アパーチャー製造工程

アパーチャー製造工程:放電加工・エッチング(穴あけ)、洗浄、検査、パック、包装、出庫


分析装置関連事業 Analyzer

今後ますますニーズが高まる分析装置関連パーツの
開発から販売をトータルに実施

今後ますますニーズが高まる分析装置関連パーツの開発から販売をトータルに実施:質量分析計、フィラメント、フィラメントブクミ、フィラメントAssy

食品化学や医療関係、自然環境や農芸化学など、さまざまな分野で必要に応じて液体、固体、気体のそれぞれの量を測ることができる質量分析装置(MS)。例えば、考古学では遺跡や発掘品の時代判定に、環境面ではダイオキシンなどの毒性の測定と海水や食べ物などに含まれている成分の測定にと、あらゆるシーンで活躍しています。わたしたちはこの装置で最も大切だといわれるイオン源ビームの発生源であるフィラメントをはじめとする周辺機器のパーツ設計・開発・販売を一手に担っております。

クライアントは、大手の企業や大学の研究所がほとんどです。フィラメントの製造工程はステム加工、フィラメント線径の検査、フィラメントスポット溶接、グリッドスポット溶接、フィラメントの高さ検査、グリッドの検査と流れ、完成した製品を超音波洗浄した後、真空パックし箱詰めにして出庫、納品となります。

これら一連の作業を一貫して行っているのはもちろんのこと、絶えず新しい課題に取り組んでいます。

分析装置フィラメント製造工程

分析装置フィラメント製造工程:ステム加工、グリッド加工、フィラメント検査、検査、グリット溶接、フィラメントスポット溶接、洗浄、包装、出庫

営業科目

設計開発および特殊加工

  1. 電子顕微鏡及び半導体評価装置用カソード、フィラメント、真空蒸着用ビームフィラメント、ガスクロ用フィラメント、質量 分析用フィラメント、X線分析用フィラメント
  2. 理科学機器用アパーチャープレート類(Mo、Ta、etc.エッチング最小穴加工20μφ)
  3. 超微細穴加工(2μφ〜1,000μφ導電性素材)
  4. C.V.D 薄膜形成処理 及び 洗浄処理(特許番号3117687)(米国PAT NO.:US6858263-B2)
  5. ファインセラミックおよび真空ロウ付加工一式
  6. 各種電子部品及び非鉄金属精密加工一式
  7. 真空炉リフレクター類一式、抵抗加熱用ボード類
  8. 貴金属加工(ターゲット類、ワイヤー、プレート)
  9. 理科学機器ガラス類(コバールガラス、タングステン、パイレックス、石英)

電子部品販売

電子顕微鏡機器部品、理科学機器部品、分析機器部品
電子顕微鏡検査受託(走査型4台対応)

レアメタル材料販売

タングステンモリブデンタンタルチタン、ニッケル、コバール、ステンレス、etc.
貴金属全般(線、板)

卓上型小型溶接機(ミスタースポットくん)

保守メンテナンスサービス事業



ページトップへ戻る

Copyright (C) DaiwatechnoSystems Co.,Ltd. All Rights Reserved.